初心者はインカムゲインを狙おう|ワンルームマンション投資の基礎

色々な不動産契約方法

積木

サブリース契約は不動産管理契約の一種類です。サブリース契約を理解して使いこなすことができれば、収益不動産のオーナー業を有利に進めることができます。通常の不動産管理契約との違いやメリットの面を頭に入れておきましょう。サブリース契約を簡単に説明すると、収益不動産の運営・管理を全て管理会社に丸投げする契約ということになります。収益不動産を管理会社が全て一括で借り上げて、管理会社が全ての部屋の空室リスクを背負い、責任を持って運営してくれるような状態にすることができます。オーナー側としては、収益不動産を所有するときに最も怖い空室リスクを軽減することができるメリットがありますが、不動産から上がる収益はリスクを管理会社に負ってもらう分少なくなります。収益不動産の数をどんどん増やしていきたい人にとっては、多少の収益率の下落よりも安定運用のメリットの方が大きいため、本格的に不動産オーナー業を始めたい人に人気のある契約方法です。不動産管理会社としては、一括借上しているため、空室がでると自社でその分のマイナス分は被ることになってしまいます。そのため、入居者募集や継続契約してもらうためのサービスに力を入れる必要があります。オーナー側は管理会社に全てを任せることができる反面、入居者にどんな人がいるのかを知る機会が激減します。入居者と関わることがほとんどなくなるため、自分の所有する収益不動産の現状がわかりにくくなるという部分は要注意です。しかし、サブリース契約を使いこなすことができれば、オーナー業を大きく拡大することができるようになります。メリット面を大きく活かし、通常契約とサブリース契約の上手な使い分けができるようになれば、不動産運用に幅を作ることができるでしょう。

Copyright © 2016 初心者はインカムゲインを狙おう|ワンルームマンション投資の基礎 All Rights Reserved.