初心者はインカムゲインを狙おう|ワンルームマンション投資の基礎

安定感のある不動産投資

部屋

ワンルームマンション投資は手取り利回りが5%程度の投資になります。株やFXなどの金融投資商品と比較すると、利回りの面では見劣りする面もありますが、安定性があります。不動産の需要は常にあるため、しっかりと運営することで長く安定して収益を生み出すことができる投資方法だといえるでしょう。ワンルームマンション投資は、会社員が不動産投資を行なう第一歩となることが多いともいわれています。都内のワンルームマンションであれば、価格も会社員の給料で購入できる範囲でありながら、マンションへのニーズがゼロになる可能性もほとんどありません。参入しやすく底堅い投資であることから人気の投資方法となっています。ワンルームマンション投資には収益の上げ方に2つの方法があります。インカムゲインとキャピタルゲインという2種類の収益があり、どちらかを狙うかで投資戦略は全く違うものになります。キャピタルゲインは一言で説明すると、売却益のことであるため不動産の価格が上昇するタイミングでしか狙うことができない収益です。不動産価格の変動は、人口動態の他に経済動向やテクノロジーの変化などの複合的な要素が絡みあうため初心者には狙うのが難しい収益方法だといわれています。対して、インカムゲインは家賃収入で収益を上げる方法で、空室リスクへの対策さえ行なえば安定して収益を得ることが可能です。ワンルームマンション投資の初心者はインカムゲインから狙うようにしましょう。

不動産投資を始めよう

集合住宅

投資用マンションは会社員にも人気の不動産投資です。日本経済が緩やかな下り坂に入った現代では、自分で資産を運用していくことが必要になります。マンション1部屋からであれば会社員でも購入できます。興味がある人は勉強してみましょう。

遊休資産を活用する

パーキング

遊休地に簡単な工事を施すだけで駐車場経営をスタートさせることができます。遊休資産を持っているのであれば、税金分だけでも土地で稼げるようにしましょう。しっかりと運営すれば必ず収益を上げることができます。

色々な不動産契約方法

積木

サブリース契約は空室リスクを管理会社に負ってもらう契約方法です。通常契約とは異なる契約方法であり、場面に応じて使い分けることができれば大きなメリットがあります。仕組みを理解し不動産運営を有利に進めましょう。

Copyright © 2016 初心者はインカムゲインを狙おう|ワンルームマンション投資の基礎 All Rights Reserved.